• 基礎知識
  • 効 果
  • 食 事
  • サプリ
  • 豆知識
 

イソフラボンの種類

こちらのページでは、イソフラボンの種類とそれぞれの特徴、違いについてまとめています。

グリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボン

ボンちゃんメモ

まず、イソフラボンは大きくグリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンの2種類に分類できます。

まずグリコシ型イソフラボンは、豆腐や味噌などに含まれており、腸内の悪玉菌を減らす効果があります。

グリコシド型イソフラボンは、糖と結びついていることが特徴となっており、体内で一度糖を分解してからでないと消化・吸収されないため、体に取り込むのに少し時間がかかってしまいます。

一方アグリコン型イソフラボンは、グリコシド型イソフラボンから糖を取り除くことで生成されたもの。アグリコン型イソフラボンは糖を分解する必要がないため、体内に吸収されやすく、イソフラボンの栄養素をしっかり取り入れることができます。

これら2種類のイソフラボンの違いは、糖と結びついているか否かだけ。

グリシコ型イソフラボンは、アグリコン型イソフラボンに比べると腸への吸収には時間がかかってしまうのがデメリットのように感じますが、もともとイソフラボンを吸収しやすい人・しにくい人がいるので、そんなに気にする必要はありません。

アグリコン型イソフラボンはさらに3つの種類に分けられる

アグリコン型イソフラボン

イソフラボンは主に大豆から抽出されますが、同じ大豆でも、イソフラボンを抽出した部位により組成が異なっており、作用の強さも違ってきます。

アグリコン型イソフラボンは、さらにダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインの3種類に分類されます。

これらのうち、最も穏やかに作用するのがダイゼイン、最も作用が強いのがゲニステインです。

ダイゼインは、大豆胚芽由来のイソフラボンに豊富に含まれており、麹菌で発酵することで、優れた抗酸化作用を発揮します。

そのため、もし、優れた抗酸化作用を期待しているのであれば、ダイゼインを摂取することをおすすめします。

 

イソフラボンのおすすめサプリメント

エクエル
エクエル
4,320円
イソフラボンをそのまま摂るよりも、さらに効果が期待できる「エクオール」が配合された大塚製薬のサプリメント。パッケージもかわいい!(エクオールについては上の「豆知識」を参照)
基本のサプリ
基本のサプリ
5,460円
イソフラボンのほかに、ポリフェノールやビタミンD、葉酸などが入った女性に嬉しいサプリメントです。イソフラボンの中でも、吸収しやすいアグリコン型イソフラボンを使っています。
豊年大豆イソフラボン
豊年大豆イソフラボン
5,246円
大豆イソフラボン、コエンザイムQ10、ローヤルゼリー、ビタミンEを配合したサプリメント。美容成分がたっぷりです。3粒で1日のイソフラボン摂取量を摂ることができます。
イソフラボンなび