• 基礎知識
  • 効 果
  • 食 事
  • サプリ
  • 豆知識
 

副作用はある?

ボンちゃん メモ

大豆、味噌、納豆、豆腐などの食品からイソフラボンを過剰摂取したとしても、健康上問題はありません。ただし、サプリメントなどで過剰摂取した場合、健康上に問題があるかどうかはっきりしていません。

そのため、安全性を十分に考慮したうえで、サプリメントや健康食品からの1日の摂取量は30mgまでと決められています。

特に、生理中や妊娠中はエストロゲンの体内量が多くなっているため、サプリメントでイソフラボンを過剰摂取してしまうと、血中のホルモン値が変化したり、月経が長引く原因となりますので注意が必要です。

また、動物実験の結果によると、イソフラボンの過剰摂取により、生殖器官に問題が起こったことも報告されています。

具体的にどのような副作用が考えられるのか?

妊婦さん

閉経前の日本人女性に食事から毎日大豆イソフラボン29.5mg、豆乳400mlを一定の期間摂取してもらったところ、エストロゲンの一種であるエストラジオールが3割ほど減少し、生理周期が12%ほど長くなったとの結果が出ています。

実はこのエストラジオ―ルが減少すると妊娠しづらくなるという危険性もあるため、妊婦さんはイソフラボンの摂取に注意が必要です。

また、イソフラボンを長期間にわたり過剰摂取することで、子宮内膜増殖症を発症する確率が高まるとのことです。

さらに、はっきりしたことは立証されていませんが、イソフラボンの過剰摂取により、乳がんの発生率が高まるとも言われています。

しかしこれらは「過剰摂取」した場合に起こりうる副作用なので、普通に摂取する場合には問題ないといえます。

摂取量はきちんと守る

イソフラボンに関するさまざまな実験により、1日に150mg以上摂取すると健康に悪影響を及ぼす可能性があるとのことで、上限値をその半分の75mgに設定しています。

また、通常の食事に加えてサプリメントなどで57.3㎎のイソフラボンを長期にわたり追加摂取することで、エストラジオールが減少することも判明しています。そのため、サプリメントからのイソフラボンの1日の摂取量をその半分の30mgとしています。

イソフラボンを過剰摂取することで、女性の身体に何らかの影響があることは述べましたが、もちろん男性も過剰摂取してはいけません。男性がイソフラボンを過剰摂取することで、乳房が膨らむ、精子の働きが悪くなるとの報告があります。

そのため、サプリメントからイソフラボンを摂取する場合、摂取量をしっかり守るようにしてください。

 

イソフラボンのおすすめサプリメント

エクエル
エクエル
4,320円
イソフラボンをそのまま摂るよりも、さらに効果が期待できる「エクオール」が配合された大塚製薬のサプリメント。パッケージもかわいい!(エクオールについては上の「豆知識」を参照)
基本のサプリ
基本のサプリ
5,460円
イソフラボンのほかに、ポリフェノールやビタミンD、葉酸などが入った女性に嬉しいサプリメントです。イソフラボンの中でも、吸収しやすいアグリコン型イソフラボンを使っています。
豊年大豆イソフラボン
豊年大豆イソフラボン
5,246円
大豆イソフラボン、コエンザイムQ10、ローヤルゼリー、ビタミンEを配合したサプリメント。美容成分がたっぷりです。3粒で1日のイソフラボン摂取量を摂ることができます。
イソフラボンなび