• 基礎知識
  • 効 果
  • 食 事
  • サプリ
  • 豆知識
 

イソフラボンの骨粗しょう症予防効果

こちらのページでは、イソフラボンの骨粗しょう症予防効果について解説しています。

骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症とは、骨密度が低下し、骨が弱くなったり、骨折しやすい状態になることをいいます。男女共に30代をピークに骨が衰えていきます。

しかし、男性は年齢とともに少しずつ骨が衰えていくのに対し、女性は50代に入ると急激に衰える傾向にあります。50代の女性というと、ちょうど閉経を迎える時期であり、閉経後5年以内に急激に骨が弱くなるケースが多いです。

そのため、女性ホルモンのエストロゲンが骨の形成に大きくかかわっているのではないかと考えられています。

閉経後に骨粗しょう症になりやすいのはなぜ?

骨を強くするには、まずはカルシウムをしっかり摂ることが大切であると言われていますが、その他にもビタミンDやビタミンK2も必要です。

エストロゲンには、骨からカルシウムが流れ出てしまうことを抑制する働き、骨の形成をサポートする働きがあります。エストロゲンは卵巣から分泌されるのですが、閉経後は卵巣の機能が低下するため、体内のエストロゲン量も激減します。

つまり、閉経後の方に骨粗鬆症が多いのはエストロゲンの減少が原因であると言えます。

イソフラボンとカルシウムを上手に補う

イソフラボンはエストロゲンと同様の作用を持っているため、イソフラボンを摂取することで、不足したエストロゲンを補うことができます

イソフラボンには骨の保護、骨形成をサポートする作用があることもわかっています。ただ、単にイソフラボンを摂取するだけではなく、イソフラボンとともにカルシウムや各種ビタミン類をバランスよく摂取し、運動なども取り入れることで、骨の衰えを緩やかにすることが可能です。

日常的にイソフラボンを摂取することで、骨折をきっかけに寝たきりになることを防げるかもしれません。

関連ページ

イソフラボンには、骨粗しょう症予防以外にもこのような効果があります。

 

イソフラボンのおすすめサプリメント

エクエル
エクエル
4,320円
イソフラボンをそのまま摂るよりも、さらに効果が期待できる「エクオール」が配合された大塚製薬のサプリメント。パッケージもかわいい!(エクオールについては上の「豆知識」を参照)
基本のサプリ
基本のサプリ
5,460円
イソフラボンのほかに、ポリフェノールやビタミンD、葉酸などが入った女性に嬉しいサプリメントです。イソフラボンの中でも、吸収しやすいアグリコン型イソフラボンを使っています。
豊年大豆イソフラボン
豊年大豆イソフラボン
5,246円
大豆イソフラボン、コエンザイムQ10、ローヤルゼリー、ビタミンEを配合したサプリメント。美容成分がたっぷりです。3粒で1日のイソフラボン摂取量を摂ることができます。
イソフラボンなび