• 基礎知識
  • 効 果
  • 食 事
  • サプリ
  • 豆知識
 

イソフラボンの乳がん予防効果

大豆イソフラボンと乳がんとの関係を解説します。

大豆イソフラボンの乳がん予防効果

大豆イソフラボンは、大豆胚芽に含まれるフィトケミカルで、女性ホルモン「エストロゲン」と分子構造が非常によく似ています。

イソフラボンはエストロゲン受容体と結びつくことで、エストロゲン同様の効果が期待できます。

一般に、エストロゲンが過剰になると、エストロゲン依存性乳がんの発症率が高まりますが、イソフラボンには過剰なエストロゲンを抑制する効果もあるため、乳がん予防効果も期待できると言われています。

イソフラボンを摂取することで乳がんリスクが減少

世界規模でいくつかの研究をおこなっており、それらの結果によると、閉経前と閉経後のどちらの方もイソフラボンを摂取することで、乳がん発症率が低くなることがわかっています。

特に閉経後の方の場合、大豆イソフラボンの最大摂取目安量を取っているほうが、イソフラボンを少量のみ摂取している方に比べて、乳がんの発症率が約25%程度低くなっています

日本国内の研究においても、毎日食事からイソフラボンを50㎎前後摂取することで、乳がん発症率が低くなることが判明しています。

厚生労働省の多目的コホート研究「JPHC」のデータを基準に、国立がんセンターが研究を行った結果、味噌汁や豆腐、納豆などの大豆食品を摂取し続けた中高年女性は、大豆製品を少量しか摂取しない女性と比べて、乳がんの発症率が低いことが判明しています。

そのため、乳がんにかからないようにするためには、豆腐や納豆、味噌などを使った和食中心の食事を心がけること。

毎日の食事から十分な量を摂れない場合は、サプリメントなども活用すると良いでしょう。

関連ページ

イソフラボンには、乳がん予防だけでなく、生理痛や更年期障害の緩和など女性特有のお悩みや、美容面での効果もあります。
気になるページをチェックしてみてください。

 

イソフラボンのおすすめサプリメント

エクエル
エクエル
4,320円
イソフラボンをそのまま摂るよりも、さらに効果が期待できる「エクオール」が配合された大塚製薬のサプリメント。パッケージもかわいい!(エクオールについては上の「豆知識」を参照)
基本のサプリ
基本のサプリ
5,460円
イソフラボンのほかに、ポリフェノールやビタミンD、葉酸などが入った女性に嬉しいサプリメントです。イソフラボンの中でも、吸収しやすいアグリコン型イソフラボンを使っています。
豊年大豆イソフラボン
豊年大豆イソフラボン
5,246円
大豆イソフラボン、コエンザイムQ10、ローヤルゼリー、ビタミンEを配合したサプリメント。美容成分がたっぷりです。3粒で1日のイソフラボン摂取量を摂ることができます。
イソフラボンなび