• 基礎知識
  • 効 果
  • 食 事
  • サプリ
  • 豆知識
 

イソフラボンの痛風予防効果

こちらのページではイソフラボンの痛風予防効果について解説します。

女性に痛風の患者が少ない理由

痛風は尿酸の上昇が原因で発症する病気で、患者の大半は男性で、女性の痛風患者はあまり見かけません。女性ホルモンは、尿酸を体外に排出する機能を持っており、そのために痛風患者が女性に少ないのです。

最近は医学の進歩により、正しい治療を受ければ普通の生活を送れるようになります。しかし、前兆があってもそれを放置すると、激しい痛みがでてきたり、腎臓が悪くなったりしてしまう場合もあります。

尿酸値は男性ホルモンが多いと上がりやすく、男性ホルモンが低下すると、尿酸値も低くなります

女性ホルモンが痛風から守っているということは、閉経後女性ホルモンが減少した場合でも、男性ホルモンの量に変化はないため、女性であっても痛風を発症する可能性がありますので、注意が必要です。

痛風患者には大豆イソフラボンがオススメ

男性ホルモンが原因で発症する痛風にもイソフラボンは有効です。しかし、イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれていますが、その大豆には尿酸を生成するプリン体が含まれています。そのため、痛風の方に大豆は良くないと言われています。

ところが、大豆には様々な栄養素が含まれているため、サプリメントなどからイソフラボンを過剰摂取しなければ痛風を悪化させることはないとのことです。

痛風は、風があたるだけでも激痛を起こし、その痛みもかなり耐え難いものであると言われています。しかし、痛風に効く薬というものはあまり流通していません。どちらかというと対症療法に用いる薬が大半です。

さらに、痛風予防のための薬はなかなか使いづらいものが多いです。大豆イソフラボンには痛風の改善が期待できるとの事ですので、痛風に悩まされている方はイソフラボンを試してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

イソフラボンには、痛風予防以外にも様々な効果があります。

 

イソフラボンのおすすめサプリメント

エクエル
エクエル
4,320円
イソフラボンをそのまま摂るよりも、さらに効果が期待できる「エクオール」が配合された大塚製薬のサプリメント。パッケージもかわいい!(エクオールについては上の「豆知識」を参照)
基本のサプリ
基本のサプリ
5,460円
イソフラボンのほかに、ポリフェノールやビタミンD、葉酸などが入った女性に嬉しいサプリメントです。イソフラボンの中でも、吸収しやすいアグリコン型イソフラボンを使っています。
豊年大豆イソフラボン
豊年大豆イソフラボン
5,246円
大豆イソフラボン、コエンザイムQ10、ローヤルゼリー、ビタミンEを配合したサプリメント。美容成分がたっぷりです。3粒で1日のイソフラボン摂取量を摂ることができます。
イソフラボンなび